スケソウダラな!MSライフ

「塵も積もれば火をつける」を座右の銘にしようか悩んでいる今日このころ

みんな知っているか!?公園って、タダなんだぜ

今週のお題「好きな公園」

みなさんこんにちは!

ゆったりとしたひと時を堪能しまくる日常愛好家!エムエス君です。

本当はコーヒーカップのような刺激を求めているようで求めている

さて、今週のお題は、公園で息抜きです

公園、またの名を悪ガキの大地~ブランコをゆらして~

そう呼ばれているよな呼ばれていないような

最近は、アダルティーに進化したエスエム君ですので、もちろん公園になんていってません。

公園なんて、ガキのたまり場さ

もっと大人なところにいきます。

ゲームショップとか、ゲームセンターとか、駄菓子屋?

しかし、目を閉じれば思い出す、昔の過去、楽しかった過去

公園は間違いなく、ぼくたちの遊び場でした。

そしてぼくたちは、間違いなく、最弱でした。

カツアゲ怖い

そこで、追いかけっこをしたり、ヤンキーに追いかけられっこをしたり、ヤンキーのリーゼントで野球をしたりしていました。

すべては夢の中で

ドリームパーク!

そんなある日。現実のある日

公園の奥は、草木が生い茂っていて、良く見えない!

というわけで、探検をしてみよう!となったのです。

ぼくは、あぶないよ!やめなよ!と言いながら、友達を縦に、もう一人の友達を矛にして前へ、前へと進んでいきました。

何か出てきたら、囮にして逃げようと思っていました。口にも出ていました。

ちなみに、探検しよう!と提案したのはぼくです。

だいたい探検の提案は、ぼくがしてました。

そうやって、友達が茂みをかき分け、自分はその後ろから悠々と歩いていきした。

途中で怒られました。

そうやって進んでいると、川に出たんですよ。

そこらかしこに、沢蟹がいて、みんな大はしゃぎ

ビールの当てにいいよな!と言い合うわけですよ。

今なら

当時は、理由もなく騒いでいました。

そこの川は、光が反射してキラキラときれいで、サラサラ、サワサワと流れているわけです

周りには、木が弧を描くように伸びていて、まるで小説の世界に入り込んだんじゃないのか?と思うほどでした。

できるのなら、ここで、しゃべる動物でも出てきてほしいものです。

お腹空いたよって、臓物食べたいよ~って

ホラー小説かな?

みんなで、ぴょんぴょんぼちゃん!ぴょんぴょんぼちゃん!と石と石を飛び越え、奥へ奥へと進んでいくわけですよ。

そしたら!目の前に1本のツタ

伸びて、プラプラしたツタがあったのです

みんなで、あっああぁ~~~~とターザンのジャンプ

自分の時だけ、ちぎれてターザン落下

びしょ濡れだった

重かったんだろうな。色々と

仕方なく、ひらき直り、さぶさぶ川に入りながら進むわけですよ。周りの友達を道づれにてやろうともしたのですが、失敗してひっかりかえってしまいました。

亀じゃねーぞ、俺は亀じゃねぇ

そんなこんなで、冒険を楽しみ!

皆とバイバイして帰っていったのです。

良い思い出でした。

ちなみに、いかにバレず、濡れた服を洗濯物の中に隠すのか

忍者の如く、いざいかん!

数秒で母にバレました

母鬼だ

これもまた、冒険

桃太郎みたいだよね。

またね!